2010年04月23日

<雑記帳>高崎のクジラ化石が新種と判明 群馬(毎日新聞)

 群馬県立自然史博物館は16日、同県高崎市内を流れる鏑(かぶら)川の川床で02年に発見されたクジラの化石が、新種と判明したと発表した。米専門誌に掲載された。

 発見したのは、同県みどり市総務課職員の清水勝さん(41)。当時は3日に1度は出勤前に発掘に出掛ける化石ファンで、当日は午前2時に起き、約1100万年前の地層が横たわる鏑川に向かった。

 古代のサメの歯を探すのが目的だったが、出てきたのはクジラの頭の部分。群馬県の別名「上毛」と清水さんの名字を冠し「ジョウモウケタス・シミズアイ」と命名され、清水さんは「歴史に名前を残せるなんて」とビックリ。【奥山はるな】

【関連ニュース】
南ア猿人化石:男児が遊んでいる最中に偶然、発見
恐竜:豪で新種のティラノサウルス類化石 南半球で初
雑記帳:新種?肉食恐竜の全身骨格を復元
新種鳥化石:地上走り回る ゴビ砂漠で発見
恐竜絶滅:1回の小惑星衝突が原因 直径10〜15キロ

明石署元副署長を聴取 録音・録画は見送り 指定弁護士(産経新聞)
閣僚の政局発言 官房長官が批判(産経新聞)
佐渡で産卵のトキ 抱卵を中断(産経新聞)
スリ未遂、今度は文科省職員…「ほかにも」(読売新聞)
略称「日本」で波紋 後発の「たちあがれ」に「新党日本」が反発 (産経新聞)
posted by カワハラ ショウイチ at 18:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

変わらぬ“大阪の味” 「道頓堀今井」のきつねうどん (産経新聞)

 大阪のうどんの代表といえば「きつねうどん」。きわめてシンプルな食べ物だが、日本中に普及し愛されている。

 考案したのは、大阪・南船場の「松葉家」の初代だと伝えられている。明治後期のこと。素うどんと一緒にいなり寿司(ずし)に使う油揚げを客に出したら、それをうどんにのせて食べたことからヒントを得たという。

 「大阪人は何でも混ぜるのが好きなんですわ。お好み焼きとかミックスジュースとか」と笑いながら話すのは、「道頓堀今井」の今井徹社長(50)。大阪にうどん店は多いが、同店は大阪うどんの名店として必ず名前が挙がる老舗の一つだ。

 「今井」のうどんで語らずにいられないのは、つゆ。色の薄さに、特に関東の人たちは「味がないのでは」と思ってしまうそうだが、とんでもない。しっかりとした旨味(うまみ)がある。北海道南部の黒口浜でとれる天然の真昆布(まこんぶ)をたっぷり使ってダシをとっているからだ。

 本店の里出善信店長(41)は「ここに勤める前は日本料理の店にいたんですが、この店の昆布の量には本当にびっくりしました」と話す。ふんだんに昆布を使う日本料理の職人が驚くほどだから、この店の昆布使用量がいかに多いかわかろうというものだ。

 そして、きつねうどんに欠かせない油揚げ。手揚げの薄目をさば節と薄口醤油(しようゆ)、砂糖、塩で炊きあげる。油抜きに1時間、炊くのに2時間。甘辛く炊きあげた油揚げは、一口食べると、つゆと合わさりあっさり上品な甘みとなる。

 約4時間かけて作られた、もちもちとした、なめらかなうどんは、つゆとうまく絡み、ほっとする味。

 「1日に2回来られて、昼も夜もきつねうどんを召し上がるお客さまもいらっしゃいます」と里出店長。

 「今井」の歴史は古い。200年前の江戸時代から、「稲竹」という名で芝居茶屋を営んできたが、大正期に楽器店に転業。第二次大戦時に店は全焼し、昭和21年にまた転業した。これが現在に続く「道頓堀今井」で、今井社長はうどん店としての三代目にあたる。

 同店の歴史を物語る「今井帖」という古いノートを見せてもらった。多くの著名人のサインがずらりと書かれてある。喜劇王、藤山寛美さんもこの店のファンだったそうだ。「今でも、松竹座で公演中の役者さんたちは、よく利用してくださいます」と里出店長。創業以来変わらない「大阪の味」が、多くのファンを引きつけてやまない。

 近年、漁師の数が減って天然真昆布の入手が難しくなった。手揚げの油揚げを作る職人も少なくなり、その味を守り続けるのが困難な状況になってきているという。だが、今井社長は力強く言う。

 「おいしいもんを作るには、生産者の方の努力、われわれ料理人の努力、いろんな要素が必要です。大阪の『喰(く)い味(あじ)』(素材の持ち味を生かした、誰もがおいしいと思える味)を守るために、今、町ぐるみで取り組んでいるところです」

 さらにこう付け加えた。

 「大阪は昔から伝統と最新を融合させるのが得意で、流行の最先端をいく町でした。これからも、新しい『ほんまもん』を発信していきたいですね」(文 杉山みどり)

                   ◇

 ≪メモ≫「道頓堀今井」本店

 大阪市中央区道頓堀1の7の22▽TEL06・6211・0319▽営業時間 11時〜22時(ラストオーダー21時半)▽水曜定休▽きつねうどん735円、鍋焼きうどん1575円、うどん寄せ鍋コース(一人前)4200円から、どんぶり類も有名で、特に親子丼1260円は人気▽温かい麺、冷たい麺、どんぶり、おでんなど、それぞれダシを分けて作るこだわりの味▽リーガロイヤルホテル店、ホテルニューオータニ店▽心斎橋大丸、梅田大丸などの百貨店でテークアウト品の取り扱いあり。

【関連記事】
「津山ホルモンうどん」の経済効果8億円 岡山
誕生、上州の究極B級グルメ「うTON飯」
簡単「うどんギョーザ」 土室小の児童ら挑戦
兵庫「多々良木みのり館」 岩津ねぎ 主役カモを「食う」存在感
「カレーうどん100年」プロジェクト発足

海堂尊氏ブログで名誉棄損 出版社にも賠償命令(産経新聞)
<柳家花緑さん>結婚 お相手は年上の一般女性(毎日新聞)
現場の混乱招いた? 新型インフル対策の「広報」で議論(医療介護CBニュース)
成田発着便も欠航相次ぐ…アイスランド噴火(読売新聞)
解雇訴訟 元露鵬ら「納得いかない」…東京地裁請求棄却(毎日新聞)
posted by カワハラ ショウイチ at 06:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

地下鉄御堂筋線に男性転落、遅れ(産経新聞)

 9日午前7時15分ごろ、大阪市西成区太子の市営地下鉄御堂筋線動物園前駅で、千里中央発なかもず行き電車の車掌が、発車直後の後方安全確認中に線路内に男性がいるのを発見。非常スイッチを操作し、電車を急停車させた。男性は自力でホーム上に戻った。男性と乗客約300人にけがはなかった。

 市交通局によると、男性は「立ちくらみがして(線路内に)落ちてしまった」と話しているという。この影響で、上下線計24本が最大5分遅れ、約6200人に影響した。

【関連記事】
CAの仕事、多すぎ? スカイマークまたまた問題発覚
「英語に自信なく…」客室乗務員インターホン取らず スカイマークに業務改善勧告
JR福知山線事故の被害者ら安全願い「空色の栞」作製
自転車専用? 県庁前の歩道標識で二重のミス 新潟
森下千里さん、運転中に接触事故 けがなし 東京・渋谷の国道20号

池袋・立教大生殺害に公的懸賞金を適用 警察庁(産経新聞)
横路議長、車いすで登院 長期欠席避けたかった?(産経新聞)
3日で2度、窓にひび=国交省所有のボンバル機−ヒーター故障で過電流? (時事通信)
通帳詐取容疑で会社社長を逮捕=30口座以上を売却か−警視庁(時事通信)
山口大の不正経理、調査対象40人超す(産経新聞)
posted by カワハラ ショウイチ at 16:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。